一般財団法人 知と文明のフォーラムとは、行き詰った近代文明を打破し、新しい「知」を構築する目的で、北沢方邦、青木やよひを中心に発足した団体です。
ブログ

年別アーカイブ: 2017年

楽しい映画と美しいオペラ――その74

デヴィーアの声に酔う――ベルカントオペラの最高峰『ノルマ』 イタリアオペラはなんといっても歌である。それも甘美で流麗な歌! そういう意味では、ベルカントオペラこそ、イタリアオペラそのものではないか。私の愛してやまないヴェ …

楽しい映画と美しいオペラ――その73

意表をつく映像美と深遠なメッセージ――ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』 オペラにしろ、文楽にしろ、また演劇にしろ、生身の人間が眼前で演じる舞台は、演者の発する稀なエネルギーを直接身体に感じることができる。切ない恋を語る …

フォーラムをめぐる人々―何のための共謀罪法案?

何のための共謀罪法案? 13日の日比谷野外音楽堂は、共謀罪法案に反対する人々でいっぱいでした。会場に入れない人たちも大勢いて、小雨にもかかわらず5200人が集まったようです。15日未明、共謀罪法案は強行採決され、残念なが …

フォーラムをめぐる人々―水元公園の政治談議

水元公園の政治談議 「文科省の前の事務次官、前川っての、結構骨のある奴らしいね。天下り問題で辞めさせられたけど、あれは人身御供だよ」 「そうさ、文科省の天下りなんか、経産省に比べれば可愛いもんだよ。前川にすれば、何で俺が …

おいしい本が読みたい 第32話 大きな歴史と小さな歴史と

『褐色の世界史』(ヴィジャイ・プラシャド著、水声社)は「第三世界」から見た世界史だ。わたしたちが中学・高校で押しつけられる世界史とはかなり趣が異なる。歴史は原則として強者の歴史であり、したがって、基本的には「第一世界」の …

フォーラムをめぐる人々ー水元公園の「書斎」

水元公園の「書斎」 今日は水元公園の「書斎」を約半年ぶりに木陰へ移動した記念すべき日でした。陽だまり、木陰、どちらで本を読もうかなぁ、と迷う頃が、一年でも一番快適な気候なのかも知れません。 葛飾区の水元公園は、市川市の我 …

楽しい映画と美しいオペラ――その72

女性性とはなんだろうと考えた――荻上直子『彼らが本気で編むときは、』 映画の上映時間の2時間余、左隣の中年女性の手には、ずっと白いハンケチが握りしめられていた。しばしばそれで目頭を拭う。その動作に影響を受けたわけではない …

フォーラムをめぐる人々ー片岡みい子さんご逝去

片岡みい子さんご逝去 2017年2月7日、当フォーラムの運営委員、片岡(正垣)みい子さんが逝去されました。67歳。謹んでお悔み申し上げます。片岡さんは当フォーラム発足時からのメンバーで、ブログの立ち上げから数年にわたる管 …

フォーラムをめぐる人々ー篠原一先生ご逝去

篠原一先生ご逝去 2015年10月31日、政治学者の篠原一(しのはらはじめ)先生が逝去されました。90歳。謹んでお悔み申し上げます。先生は西欧政治史研究のかたわら、多くの市民運動に携わられ、「丸山ワクチン患者・家族の会」 …

フォーラムをめぐる人々ー坂本義和先生ご逝去

坂本義和先生ご逝去 2014年10月2日、政治学者の坂本義和(さかもとよしかず)先生が逝去されました。87歳。謹んでお悔み申し上げます。日本における国際政治学の開拓者であった先生の平和主義は、現実を冷徹に見据えた、まこと …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 一般財団法人 知と文明のフォーラム All Rights Reserved.